困っているはずレーシック
困っているはずレーシック
ホーム > 糖尿病 > 自覚症状がとぼしい糖尿病

自覚症状がとぼしい糖尿病

普段の生活を活動的にすると糖尿病を予防・改善することに有効です。10分間だけでも運動するようにしましょう。たった10分という見過ごしやすい時間でさえ、1日分を合計すると軽視できない時間になります。

他にもエスカレーターを使わないで階段を使う、目的地の手前で乗り物を降りて、できるだけ歩くようにするといった工夫例もあります。

若いころはよく動き、エネルギー代謝も高いためエネルギーの多いものばかりを食べていたとしても消費しつくせます。ですが味や食の好みは何年たってもあまり変わらないので中年層になっても同じような好みで気にせずに食べ続けていると、肥満に伴って糖尿病も併発することがあります。

 

 

 

初期の糖尿病では、自覚症状が乏しくこれと言った症状が現れないのが特徴になっています。多くの人は仕事やストレスの疲れによるものと受け止めてしまい、糖尿病が原因にあると気付けません。

 

 

 

それで糖尿病の発見が遅れてしまい、合併症が徐々に進行し、症状が重くなって初めて気が付いたという事例も少なくありません。

インスリンが過度に出過ぎる状態は食欲が増幅され、脂肪の吸収や合成を高め、その取り入れを盛んにしたり、脂肪の分解が困難になり、脂肪ががっちりと蓄積します。

 

なぜかというと、一度インスリンが過剰になると、さらに食べ過ぎや肥満が促進されます。

血糖値が下がりにくくなるという負のサイクルに陥ってしまします。血糖値を自分でコントロールするのに優秀な食材は食物繊維です。

 

食物に含有している糖は消化器官で吸収されて血液へと入っていきます。食物繊維はそれらの糖を丸め込み吸収に時間をかけて、便と共に糖を速やかに排出するように補助する働きがあるため、血糖値の上昇を防止できます。血糖値下げるサプリをお探しなら